題などない。

 

そろそろ消え入りそうな勢い。

 

蹴伸びでゆっくり行ける所まで行こうという魂胆でここまで来ました。

 

もうほとんど進んでいないけど、頑張っています。

 

 

 

もう肺に空気はほとんど無い、僕です。

 

 

 

 

 

 

 

美川憲一って男なのか! 本人断言もネットに戸惑いの声

 

時間は過ぎれど、人はそうそう成長などしないもんで、いまだにこんなどうでもいい食べられる部分なんかちょっとしか無いようなニュースに飛びつき続けています。

 

平成も29年を迎え、いまさら美川憲一に思いを馳せる理由、価値など微塵も見つけられませんが、

 

 

 

奴が男なのか、女(オネエ)なのか。 という論争に一応の決着を見たという点で、取り急ぎご報告だけさせて頂きます。

 

 

 

 

そして、またここからは、とりとめもなく、どうでも良さとしてはさらに加速気味な内容となります。

でも誰かに聞いてほしかったんだ、的な話。

 

 

 

 

 

↑ この武田鉄矢の「D」。 見事だと思いませんか?

歌の内容、歌詞などはもうどうでもよく、この人文字で表した「D」の造形の美しさを肴に、僕は酒をちょびちょび飲んだりしました。

 

・・・・  まぁこんな話が続きます。

 

 

 

 

 

世に数多ある術前術後画像の中でも、久々に「さじ加減」というものを強烈に感じた画像です。

目の力を緩める、目に力を入れる。 

僕はそれだけにしか思えません。 後ろの壁紙も、適当に折りたたんだハンカチを広げたような貧乏臭さで、感動を増幅させてくれます。

 

そうこうしていると、ふと頭の中で、あの「ベスト・キッド」で出た珠玉のフレーズ。

 

ワックスをかけて、ワックスを拭き取る。(wax on wax off)

 

 

これが頭の中でリフレインされ、何か崇高な教えを授かっているような、そんな気持ちになったものです。(ええ、深刻な病状である事は自覚しています。)

 

 

 

 

 

 

 

ファッション業界が、いよいよ大巨人、アンドレ・ザ・ジャイアントに追いついてきた事をお知らせしたかった。

 

 

 

 

 

 

誰もが忘れたジェンキンス氏。

留守でもなんでもいいから、このジェンキンス氏のボードと一緒に写真が撮れるなら何でもする。否、そこまでは思えない!ごめんよ!

 

まあ元気でいるなら何よりなジェンキンス氏。 ジェンキン寿司。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな意図があったのか知らないですが、ここまで長く隠す必要は無いんじゃないか、と思った画像。

資源を大切に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、これと、

 

 

これ似てるな。   と。

 

 

 

 

 

 

最後に、このニセ田原の絶妙な「これなんだけど、これじゃない感」。

 

 

年々加速していて、胸騒ぎが止まりません。

最後は田原俊彦と結合して一つの生き物になるんじゃないかと睨んでいます。

 

 

 

 

まぁそんなこんなで、一応元気にやっています。

 

忘れた頃に、では股。

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. タンタカタン より:

    消え去らないでくださいね♪更新楽しみにしていつも拝見しております♪ヽ(´▽`)/
    シュールな画像いつも笑ってしまいます(о´∀`о)

    この世界観がたまんないですヽ(*´▽)ノ♪

    • ガ汁 より:

      まさかこのタイミングでまだコメントをくださる方がいるとは。。
      感謝感激でございます。
      ここの更新も、何らかの「業」なのだと思い、続けられる限り続けてみたい所存です。

      今後もまず読んで賢くなることは一切ないでしょう。
      ありがとうございます。

コメントを残す