お倒産スイッチ「あ」

 

 

 

「あ」あれ?今月の給料入ってない

 

 

 

 

 

 

いやはや、僕です。

 

 

 

 

 

 

よくもまぁ飽きずに続けているものなのですが、

 

 

気になる事が続く限りは、体力の限界までやることにします。

 

 

 

 

 

ところで、谷村新司って、どれが本物なのでしょうか?

 

昨今の新司を眺めていると、

 

下のような顔が「僕達がイメージしている最新の新司」だと思います。

 

 

はたまたこれとか。

 

 

 

 

 

しかし、ちょっと前の新司はこうじゃなくて、

 

 

意外と「どれが本物の新司なの?」と困惑するものも少なくありません。

 

 

 

 

たとえば、

 

 

これ、新司ですか?

偽物じゃないですか?

僕の持っている最新の新司イメージとはちょっと違うので、本物なのかもしれないですが、疑念が拭い去れません。

髪が黒いからなのでしょうか。 とにかくこれは僕の中で「新司」とは信じがたいのです。

 

 

 

 

はたまた、

 

 

 

 

これ、新司ですか?

なんかこれも、一歩間違えたら「新司っぽい違う人」な感じがビシビシと伝わってくる写真なのです。

僕にとっては、これは「新司に似て非なるもの」としか捉えられません。

 

 

 

 

あるいは、

 

 

 

 

これ、新司ですか? さすがにこれは新司じゃないでしょう。

僕の知っている新司はこんな顔じゃない。 

うっすらと垂れ下げた、まるで飴細工のように繊細な前髪のせいなのか。

新司なのに新司だと思えない。 このモヤモヤした感情。

 

 

 

 

なんなのだろう。

 

 

 

 

 

これ、新司ですか? 新司なんでしょうね。

いやはや、かつて新司はこんなだったのかよと、自分の持っていた凝り固まっている「新司感」とのギャップに戸惑う僕。

 

 

 

 

そろそろ 「はぁ?」って声が聞こえてきそう。

でも仕方ない、新司に見えないんだよ。

 

 

 

 

これ、新司ですか?

一連の流れの中でこれを見せられると、自信を持って「いや!新司じゃない!」とは言えない心理状況。

いよいよ僕も追い詰められてきているのです。

 

 

 

これ、新司ですか?

このあたりの微妙さは、もう僕にはジャッジ出来かねます。

「そっくりさんでしたー」と第三者から言われたとしたら、素直に「なーんだ、びっくりしたー」で解決させてしまいそうなギリ新司感。

 

僕は、一体みなさんに何が伝えたいというのでしょうか。。。

 

 

 

 

これ、新司ですよね。

もう正確な判断は出来ません。

僕はこれをもう「新司」と判断します。

「本物の新司を選ぶ」という行為から僕はもう逃げ出したいのです。

 

 

 

 

 

 

惑わせないで、新司。

完全にコラ画像だと思っていた僕に突きつけられた

「これは新司が本当に出したDVDのジャケ」という衝撃事実。

顔うんぬんはもうどうでもいいです、なぜこんなの出したんだよ新司。

 

 

 

 

 

そう、これが新司。 これが僕がイメージする新司。

勝手に伝えてくれという気持ちを抑えつつ、とりあえず見てくれはこの新司。

僕にとっての「新司の正解」。

 

 

・・・・・・・・・・・・。

 

ああ、自分で言っていて馬鹿らしすぎて壁に頭をぶつけたい気持ち。

 

 

 

 

 

 

とにかく、みなさんも一度胸に手を当てて考えてみて欲しいのです。

 

21世紀最大のミステリー。

 

 

 

「どれが本物の新司なのか、どれが正解なのか」を。。

 

 

 

 

うるせえよという怒号を一身に浴びながら、今回はこれでお別れです。

 

 

 

 

大変申し訳ございませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

では、股。

 

 

 

 

 

以下、僕がギリギリ判断できる「偽物の新司」達。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もういいや。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. たけちゃんマン より:

    電車の中でガ汁さんのブログ読んでしまい、、
    『電車の中でスマホ見てニヤけてる人』に成り下がってしまいましたあ。
    「これで最後の新司にして!」と思っているのに続々と続く新司。
    公共交通機関の中で読む時は、要注意ですね!

  2. ガ汁 より:

    >たけちゃんマン様

    ありがとうございます。

    幻惑してくる新司の数々、わかっていただけましたでしょうか?

    そして仮にわかって頂けたとして、我々の中に何が生まれるというのでしょうか?

    とりあえず「どれが新司かわかんねえよ。」くらいの結論で終われればいいやと思っております。

    今後も是非「あえての公共交通機関での購読」をよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す