”心”

先日テレビの番組で、姜尚中(カンサンジュン)氏が書いた本での

青年との出逢いを特集していました。

早速書店で買い求め、読み始めました。

最初は若者に対する、人生のアドバイスみたいで、余り読みが

進みませんでした。

大震災の後、その青年が海底から死体の引き揚げを通して

“生きる”事に対しての心の変化、姜氏のアドバイス・・・・・・

若者だけではありません。生きる者へのメッセージでした。

姜氏は時々テレビにでていますが、目の奥の淋しさ、悲しさが

なんであるのかなと思っていました。

韓国の人だから??? いえそうではありませんでした。

彼は最愛の息子さんを自殺で亡くされていました。

親としてこれ程悲しい事はありません。父母は年功序列から

言って 誰しもが受ける人生の別れです。

それでも心の修正に歳月を要します。

自分が経験したことは拭えません。

私も彼が他界して 3回忌を迎えます。

残された者が力の限り ”生きて” また自分自身も

この世の存在となくなるまで・・・・頑張りましょう!!

重い話になりましたが~~是非 ”心” を読んでみて下さい~~~

by KYOKO