手水舎って?

こんにちはッ神主のKです。

 

皆様、お参りされる時に何を行っていますか?

鳥居の前で一礼したり、手水でお浄めをしたり、

そんなお参りの際に欠かせない「手水」の作法について。

 

~まず初めに手水の起源編~

神社参拝の長い歴史の中で決まってきた作法がありますが、その基本は「心身を清め、神様に対面し、日頃の感謝を捧げ、願いを伝え、神意を聞くこと」にあります。

一礼して鳥居をくぐり神社の境内、「神域」に入ると、参道わきに手水舎があります。

ほとんどは四本の柱と屋根だけの建物の中に、「洗心(心を洗う)」あるいは「浄心(心を浄化する)」といった文字が刻まれた鉢があり、水がたたえられています。

ここで手と口をすすぎますが、これは「禊(みそぎ)」を簡略化したものになります。

※禊とは心身の穢れなどをお浄めする儀式

 

「古事記」には伊邪那岐命(イザナギノミコト)が死者の国である黄泉の国(よみのくに)から帰って来られた時に、

身に着けているものをすべて脱ぎ、水に浸かって禊祓(みそぎはらえ)をしたことが書かれています。

この行為で穢れを落としたといわれ、禊の起源にもなります。

伊邪那岐命とはどのような神様なのか?

なぜ死者の国である黄泉の国に行ったのか、それは神主のHが書き綴る事でしょう・・・(恋愛要素ありのこうご期待)

 

さて、

~手水の作法編~

 

①まず初めに手水舎に行きます

 

 

②右手で柄杓(ひしゃく)を取り、手水舎の鉢にある水を汲み左手をお清めします

※この柄杓に組んだ一杯の水ですべての作法を行います

 

 

 

 

③次に、柄杓の水を少し使い右手を清めます

 

 

 

 

④再び柄杓を右手に持ち、左の手のひらに水を受けて口をすすぎます

※直接柄杓に口をつけて水を含まないようにしましょう(皆様が御使用になります)

 

 

 

 

⑤口をすすぎ終えたら、口をつけた左手を、もう一度お清めします

 

 

 

⑥最後に柄杓を両手で垂直に立て、使用した柄杓自体も清めます

※次に使用する方への配慮という意味もあります

 

 

⑦元の位置に伏せて手水の作法が済みました

 

 

 

 

~手水のまとめ~

・手水舎の水を使って手と口をすすぐことを「手水を取る(使う)」と言います。

・これは禊を簡略化したもので川や海に浸かって全身を清めることが本来の姿になります。

「今回は手水の作法を書きましたが、これらはあくまで大きな型の一つであって、地域柄やお一人お一人のお気持ちや考えをご優先下さい。」

 

 

さてさて、穢れを落とすという手水や禊でありますが、人間が穢れを落としたら何が残るのでしょう?

 

私の場合は・・・・はてさて。

 

 

 

ツイッター始めました

巫女もブログを書いています