古事記②~火の神様が……

こんにちは、神主のすおうです
本日も古事記の現代語訳を進めていきます。
前回は神生みでしたので、今回はイザナミがいなくなった後のお話です。
——————————————–
イザナギ命「愛しい私の妻を、ただ一人の子に変えようとは思いもよらなかった
イザナギ命は女神の枕元で泣き悲しみました。
するとその涙から、泣沢女(ナキサワメ)神(埴安の池の女神)という神様が生まれたのです。

そして、イザナギ命は、腰にあった十拳剣を抜いて、カグツチ神の首を斬りました。
するとその剣の先についた血が、神聖な岩の群れ(湯津石村に飛び散って、
『岩根さえも裂く剣の神』の石折(イハサク)神根折(ネサク)神
『硬い刀剣の男神』石筒之男(イハツツヲ)神が生まれました。

 
・カグツチではなく、飛び散った岩が「神聖」。
 
剣の元についた血も、岩に飛び散って、
『雷火の神』甕速日(ミカハヤヒ)神と、樋速日(ヒハヤヒ)神
『武神・雷神・剣神』の建御雷(タケミカヅチ)神で、[別名・建布都(タケフツ)神 / 豊布都(トヨフツ)神]
が生まれました。

剣の柄にたまった血が、指の間から漏れ流れて、
『峡谷の水の龍神』闇淤加美神(クラオカミノカミ)と、闇御津羽神(クラミツハノカミ)
が生まれました。

・イハサク神~クラミツハ神(計八神)は、御剣から生まれた神様です。
ここに出てくる神様は、後で再登場する神様が多いです。
また、タケミカヅチ神は亀有香取神社の御祭神の一柱です。

また殺されたカグツチ神から神様が生まれました。
頭……正鹿山津見(マサカヤマツミ)神
胸……淤縢山津見(オドヤマツミ)神
腹……奥山津見(オクヤマツミ)神
陰部……闇山津見(クラヤマツミ)神
左の手……志藝山津見(シギヤマツミ)神
右の手……羽山津見(ハヤマツミ)神
左の足……原山津見(ハラヤマツミ)神
右の足……戸山津見(トヤマツミ)神です。(すべて山の神)

ちなみに、イザナキ命が使った太刀の名は、
天之尾羽張(アメノオハバリ)[別名・伊都尾羽張(イツノヲハバリ)]といいます。

————————————–
生まれた神の多くが山の神様です。日本は言わずと知れた火山大国。火と山は意外と近いんですよね。
ちなみに、天之尾羽張(アメノオハバリ)は水の神です。

この話は、鉄鉱・岩石(石折神・根折神・石筒之男神)を、火力(甕速日神・樋速日神)で処理して、刀剣(建御雷神)を得ることを語っています。

鍛冶には水(闇淤加美神・闇御津羽神)も使いますからね。

※古事記の現代語訳と銘打ってはいますが、『古事記』は様々な解釈・考察がなされている作品です。このブログでご紹介するお話はあくまでも一説

でございます。