古事記②~神様がいっぱい

こんにちは、神主のすおうです
更新が遅くなりまして申し訳ありません

遅くなりましたが、本日も古事記の現代語訳を進めていきます。
前回は国生みでしたので、今回は神生みのお話です。
——————————————–
イザナキ・イザナミ二神は、国を生み終えて、さらに神を生み出しました。
順番に、
国生みという大事を終えた男神、大事忍男(オホコトオシヲ)神、
石・土の神、石土毘古(イハツチビコ)神、
石・砂の女神、石巣比売(イハスヒメ)神、
家の戸口の神、大戸日別(オホトヒワケ)神、
屋根葺きの神、天之吹男(アメノフキヲ)神、
家屋の神、大屋毘古(オホヤビコ)神、
暴風から家を守る神、風木津別之忍男(カザモツワケノオシヲ)神

・ここはお家の神様がたくさんです。

石土毘古神~風木津別之忍男神は家を守る神【家宅六神】とされています。

海の神の大綿津見(オホワタツミ)神を生み、
水戸・河口の神、速秋津比古(ハヤアキツヒコ)神と、女神の速秋津比売(ハヤアキツヒメ)神
を生みました。

・速秋津比古神・速秋津比売神は穢れを祓う神様で、女神の名前は『大祓詞』という祝詞の中にも出てきます。

ここから流れるように、神様の名前が出てきます。

このハヤアキツヒコ・ハヤアキツヒメの二神が、河と海を分担して神様を生みました。
順番に
泡の神、沫那藝(アワナギ)神沫那美(アワナミ)神
水面の神、頬那藝(ツラナギ)神頬那美(ツラナミ)神
水の配分の神、天之水分(アメノミクマリ)神国之水分(クニノミクマリ)神
灌漑の神、天之久比奢母智(アメノクヒザモツ)神国之久比奢母智(クニノクヒザモチ)神
です。

次に
風の神の志那都比古(シナツヒコ)神
木の神の久久能智(ククノツ)神
山の神の大山津見(オホヤマツミ)神
野の女神の鹿屋野比売(カヤノヒメ)神[別名・野椎(ノヅチ)神]
を生みました。

このオホヤマツミとカヤノヒメの二神が、山と野を分担して神様を生みました。
順番に、
山野の土の神、天之狭土(アメノサヅチ)神国之狭土(クニノサヅチ)神
山野の霧の神、天之狭霧(アメノサギリ)神国之狭霧(クニノサギリ)神
渓谷の神、天之闇戸(アメノクラト)神国之闇戸(クニノクラド)神
山間で迷う意の神、大戸惑子(オホトマトヒコ)神大戸惑女(オホトマトヒメ)神

次に、
神が乗る空飛ぶ船、鳥之石楠船(トリノイハクスフネ)神[別名・天鳥船(あめのとりふね)]、
穀物・食物の女神、大宜都比売(オホゲツヒメ)神
火の神、火之夜藝速男(ヒノヤギハヤヲ)神[別名・火之弦毘古(ヒノカガビコ)神/火之加具土(ヒノカグツチ)神]
を生みました。

鳥之石楠船神は船そのもので、昔、船は神の乗り物とされていました。

名前の漢字の意味は、鳥は速さを、石は堅牢さを、楠はその材質を表しているものと考えられます。

最後の子を生んだために、イザナミ命は、陰部が焼けて病気になってしまいました。

そのときの嘔吐から、
鉱山の神、金山毘古(カナヤマビコ)神金山毘売(カナヤマビメ)神が、

次に糞から、
粘土の神、波邇夜須毘古(ハニヤスビコ)神波邇夜須毘売(ハニヤスビメ)神が、

次に尿から、
肢体不自由な水の女神、弥都波能売(ミツハノメ)神
農業生産の神、和久産巣日(ワクムスヒ)神
が生まれたのです。

このワクムスヒ神は、豊穣の女神、豊宇気毘売(トヨウケビメ)神を生みました。

そしてイザナミ神は、火の神を生んだのが原因で、ついに黄泉の国へ行ってしまったのです

———————————–
生んだ島は、すべて十四島。
神様はすべて三十五神。
これらは、イザナミ神がいなくなる前に生まれました。

ただしオノゴロ島は、生んだ訳ではありませんし、またヒルコと淡島とは、子の数には入れません。
 
いっぱい神様が生まれましたが、大きく整理すると以下の4タイプに分かれます。

1.イザナミ・イザナギが生んだ神様
2.ハヤアキツヒコ・ハヤアキツヒメが生んだ神様
3.オオヤマツミ・カヤノヒメが生んだ神様
4.イザナミがカグツチを生んで苦しみながら生んだ神様

今回出てきた神様は再登場する神様が多いです。

それでは続きはまた次回。

 

※古事記の現代語訳と銘打ってはいますが、『古事記』は様々な解釈・考察がなされている作品です。このブログでご紹介するお話はあくまでも一説でございます。