古事記②~国生み

こんにちは、神主のすおうです
本日も古事記の現代語訳を進めていきます。
前回は国生みの途中でしたので、その続きのお話です。
——————————————–
 そこで二柱の神は相談して、天つ神の指図を仰ぐことにしたのです。

天つ神が、鹿の肩骨を焼いて、占いをして
「女が先に言葉を発したので良くなかった。また帰り下って、改めて言い直しなさい」と言いました。
それで二神は帰り下って、やり直し、結婚して沢山の子を産んだのです。
最初は、国を生みました。

沢山いるので順番に番号をふっていきます。

淡道之穂之狭別島(アワジノホノサワケノシマ)【淡路島】

伊豫二名洲(イヨノフタナノシマ)【四国】
この島は顔が四つあり、
伊予国を愛比売(エヒメ)
讃岐国を飯依比古(イヒヨリヒコ)
阿波国を大宜都比売(オホゲツヒメ)
土佐国を建依別(タケヨリワケ)と呼ぶ

大宜都比売(オホゲツヒメ)は同じ名前の食物の神様がいます。
阿波国(徳島)・愛比売(愛媛)は女性、讃岐(香川)・土佐(高知)は男性なんですね。

③三つ子の隠岐島[別名・天之忍許呂別(アメノオシコロワケ)]
筑紫島【九州】 
この島も顔が四つあり、
筑紫国を白日別(シラヒワケ)
豊国を豊日別(トヨヒワケ)
肥国を建日向日豊久士比泥別(タケヒムカヒトヨクジヒネワケ)
熊曾国を建日別(タケヒワケ)と呼ぶ。

壱岐島[別名・天比登都柱(アメヒトツハシラ)]
対馬[天之狭手依比売(アメノサデヨリヒメ) ]
佐渡島  
大倭豊秋津嶋(オオヤマトトヨアキツシマ)[別名・天之御虚空豊秋津根別(アメノミソラトヨアキツネワケ)]

始めに八つの島を生んだので、我が国を大八洲国という。

大八島を生んで帰る時に
吉備児島(キビノコジマ)[別名・建日方別(タケヒカタワケ)]
小豆島(アヅキシマ)[別名・大野手比売(オホノデヒメ)]
大島[別名・大多麻流別(オホタマルワケ)]
女島(ヒメシマ)[別名・天一根(アメヒトツネ)]
知訶島(チカノシマ)[別名・天之忍男(アメノオシヲ)]  
両児島(フタゴノシマ)[別名・天両屋(アメフタヤ)] 
を生んだ。 

———————————————-
日本の別名は沢山あります。
・葦原中国(あしわらのなかつくに)
・大八洲国
・食国(おすくに)
・神国/神州
・豊葦原水穂国(とよあしはらのみずほのくに)
・大和/夜麻登/倭(やまと)
などがあります。

それでは続きはまた次回。

※古事記の現代語訳と銘打ってはいますが、『古事記』は様々な解釈・考察がなされている作品です。このブログでご紹介するお話はあくまでも一説でございます。