かなん亭 カナンテイ

柴又駅前より徒歩1分、参道沿いにある「かなん亭」。天然の天草から作られる「ところてん」と「あんみつ」は絶品!これは柴又に来たら必ず食べたい東京名物です。お土産もできますよ。

基本情報

店名/施設名
かなん亭
よみがな
かなんてい
住所
葛飾区柴又7-1-4
アクセス
柴又駅より徒歩1分
電話
03-3672-7386
営業時間
月 火 木 金 土 日  11:00~21:00 
定休日
毎週 水

地図

紹介記事

柴又駅から徒歩1分!参道沿いにある気になるお店

創業は昭和51年。映画『男はつらいよ』で知られる柴又の参道沿いにあるこちら「かなん亭」。店頭には「キュウリの1本漬け」やカレールーも売られていて、なんだかお祭りのような賑やかな雰囲気で、つい寄りたくなってしまう店構えです。角では焼鳥が焼かれていて、オープンテラス(!)の縁側席もあります。季節の良い時期には焼鳥を一皿頼んで、外でビールを一杯!横を走る京成線の音もまた、ゴトゴトと心地よいBGMになりますよ。

素材から丁寧につくる「あたたかい」味

かなん亭のメニューはどれも素材から丁寧に作った味わい。化学調味料や添加物などは一切使用していません。たとえば「特製らーめん」(600円)のタレも自家製。醤油味のシンプルな味わいで、なんだか懐かしい気持ちにさせてくれます。これは、かなん亭を切り盛りする女将さんの菅波緑さんのご出身・広島県尾道市の「尾道ラーメン」の雰囲気を取り入れたものだとか。そして、さすがかなん亭!トッピングには歯ごたえのよい海藻入り。焼鳥でおいしくお酒をいただいた〆にピッタリの一品です!

かなん亭に来たならば、「寒天」を食べよ!

みなさん、天草から100%作られる本当の「寒天」を召し上がったことありますか?かなん亭では、伊豆七島産の天草から作られた「心太(ところてん)」や「あんみつ」が名物!ひとくち口に入れると・・・もう、磯の香りと味わいが感じられ、舌ざわりもよく、歯ごたえもしっかり。とてもおいしくて深い味わいです。なんでも創業以来、独自の精製法で丁寧に丁寧に作られているとか。各方面のメディアでも取り上げられている絶品商品!店内で、お土産でぜひ召し上がってみてください。ちなみに天草も売ってますよ!

寒天 こぼれ ばなし

女将さんのおはなし。なんでも先代のご店主がここで店を始めようとした時のこと。先代のお知り合いが八丈島のご出身で「寒天を手作りしてメニューに載せてみてはどうだろう」と進言されたそうです。そのアイディアを取り入れて創業以来、寒天メニューがかなん亭にラインナップされました。最初は24cmの小さな鍋で作っていたものが、今では大きな寸胴で煮詰めているそうです。女将さん曰く「本当はここで自家焙煎のコーヒー専門店を開こうと思っていたらしいのよ」(笑)。

伝統を守りつつ、新しい味も取り入れて・・・

かなん亭のメニューはバラエティに富んだ品揃え。らーめんも、日本そばも、うどんも、そしてうな重もいただけます。寒天のように創業依頼ずっと守り続ける味もあれば、沖縄の「そーきそば」などの新しいメニューも。「店のみんなで『これをやってみよう!』とアイディアを持ち寄って、いろんなセットやメニューを作るようにしているんですよ」(女将さん)。「日替り定食」(平日のみ/850円)も品数豊かで大満足。ほぼ日替わりで具材が替わる丼はなんと500円という安さ!テイクアウトにする場合は400円になってさらに良心的プライス!柴又、帝釈天参りの行き帰りに。あんみつを食べて一休みをしたり、帰る前に一杯呑んだり。使い方さまざまに楽しめるかなん亭に、ぜひ。

店頭のかき氷シロップに注目!

参道を歩く人が必ずと言っていいほど注目するもの---それは大きく「シロップかけ放題!」と書いてある「かき氷」(300円/店内では400円)です。「いちご」や「レモン」「ラムネ」など、なんと何種類でもかけてOKという斬新さとおもしろさ!もちろん旧き良き「和」の味わいである「宇治金時」(550円/店内では650円)や「白玉あずき」(550円/店内では650円)などもあり、かき氷だけでも20種類以上のおいしさを楽しめます!ちなみに小豆は北海道産の最高級大納言小豆を、宇治は京都産の高級宇治抹茶を使用しています。

メニュー

クーポン

現在、有効なクーポンはありません

求人情報

現在、求人情報はありません