半身浴で芯から温まりましょう☆

こんにちは!レナ先生です
 
 
 
秋も深まり寒い日が多くなってきました。
 
今回は、そんなこれからの時期に恋しくなるお風呂のお話です。
 
おススメしたいのが   半身浴」
 
 
肩まですっぽりつかる「全身浴」じゃないとお風呂に入った気がしなーーいとか、
 
本当に温まるのとの意見がありますが、
 
 
 
 
ななななんと、実は全身浴」より 
 
腰や胸までつかる「半身浴」の方が体の芯から温まるのです
 
  
 
 
 
なーーーーんでかっ
 
  
 
それは、体が温まるしくみにあるのです
 
お湯に浸かることで、
下半身に溜まった血液が循環し、体全体をゆっくり内側から温めていきます。
 
 
そう、ゆっくりなんです。
 
  
 
な の で
 
 
 
 
熱いお湯ではゆっくり入ることができず、体の芯から暖まる前にお風呂からでてしまうんですね〜
かといって、熱いお湯に長時間無理をして入ると、
のぼせてしまい体に負担がかかるので、あまりお勧めできません。
 
 
 
 
 
 
そこで半身浴のポイント
 
お風呂の温度をぬるめの38度から39度くらいにし、10分以上ゆっくり入ることです。
 
ぬるま湯に」と「ゆっくりと」を心がけてください。
 
お湯から出ている上半身が寒く感じるときは、浴槽のお湯を肩にかけて下さいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  筋肉が固くなると、肩こり・寝違え・腰痛の原因の一つになります。
 
  
 
 
寒さと疲労により凝り固まった筋肉をお風呂で温めて、
身も心もほぐし、これからの寒い時期を乗り越えましょう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

亀有の鍼灸・指圧本間治療院 レナ先生でした