見よ!葛飾は赤く萌えている! たぶん前編

 

2015年3月某日。

愛用のザキPADを開き、ブラックのコーヒーを傍らに置きつつ、

㈱じも研スタッフ(通称:ザキやん)の視界に飛び込んできたネットニュース。

 

葛飾区擬人化企画「葛飾これくしょん(かつこれ)」、始動!

 

叫ぶザキやん。

『お、俺の知っている「かつこれ」じゃねぇ~!』

※ちなみに、彼の知っている「かつこれ」はコチラ

 

その瞬間、彼は悟った。

今の葛飾に足りないのは「萌え」だ!

 

映画版権のキャラクター、

週刊少年漫画雑誌のキャラクター、

動物的マスコットキャラクター、

ゆるキャラにご当地ヒーロー・・・

 

地元キャラに精通する、彼ならでは脳細胞がトップギアで次のアクションをはじき出す。

 

 

卓ドンを繰り出し社主の庄子に迫る。

『社長!葛飾区の明日を担うプロジェクトの企画です!』

 

PCに向かいAmazonにポチポチする手を止め、企画書を一読する庄子。

 

「あ~・・・コレ無理です。」

『なんでですか!?』

「そもそも、我々のビジネスとしてのスキームでアサインするトゥギャザーが、エビデンスでアサインするフィックスに対してペンディングしていませんよね。」

『すみません!おっしゃる事が解りません。』

「ですから、マネタイズのプライオリティがセグメントでクロージングかつコアコンピタンスなので、エクスペンタブルズなグリルなので無理です。」

『本当にすみません!何を言いたいのかまるで理解できません・・・』

 

「そんなにやりたいのならしょうがないですね・・・

じゃぁ、ひとまず「じーも」サイト内の使用の許可はしますが、5回だけです。

5回で盛り上がらなければ打ち切りにします。」

『あざ~すっ!!』

何だか解らないが、ひとまず盛り上げていけばいいという事だけは理解できた。

次は同僚の反応を伺う事にした。

 

 

『西村くん!一緒にかつコレを・・・』

「<p><spwn style=^font-size:19px;"></suan></w><p>bokuwa;</p><denpagumi="ga://dai-suki.jp/nan-desu/hottoitekudasai/9015/android01/mogamimoga.jpg">・・・・・・」

『・・・m(__)m』

 

『長谷川さん、是非コスプレして下さい!』

「・・・嫌です・・・」

 

『近藤さん、同人誌書いて下さい!』

「え、ちょ・・・お断りです!」

 

『別役さん!』

「気持ち悪いよ!」

 

全!滅ッ!!

 

『大丈夫!社内の一般的理解を得られないのは想定済みだ!』

傷だらけのヒーローさながらの自身を想像し、

さらに萌えるハートでその身を奮い立たせ、1本のメールを送る。

 

震えるハートと、燃え尽きるほどの地元愛を刻むべく、

血液のビートをたぎらせた「創造神」へのメール。

言うなれば黄金の鎧をまとった聖なる闘士の待つ宮殿に独りで挑むような行為だが

、「雨垂れ石を穿つ」という信念がザキやんにはある。

 

 

ザキやんの打った「水の一滴」の先に待つものは、流した汗か、涙か、それとも・・・

 

 

 

つづく

 

 

 

 

project by ONO

 

 

 

 

【葛飾これくしょん 公式HP】

 

http://katsucolle.com/